目のスクリーニング検査の見出し画像

眼科健診(視力スクリーニング検査)

人間の視力の発達は生後1か月から始まり就学前までにほぼ完成します。
このため、就学前までに、視機能上の問題を検知する事が大切です。

生後6ヶ月から就学時まで検査できます

岐阜市では眼の健診は、 視力検査ができるようになる 3歳時健診、5歳児健診、年長さんに行なわれる就学時健建診、就学後の学校で実施している視力検が行われています。
しかし健診の間隔が空いてしまいそれまで、見つからなかった弱視、視力低下が小学校入学後に指摘されるケースが散見されます。
また小さな子どもの視力検査は問診やランドルト環(Cのマークで測る視力検査)で行われていますが難しいのが現状です。

このためスポットヴィジョンスクリーナーという器械を用いて簡単に視力検査する事が最近では推奨されています。

数秒で検査ができますし、怖い検査でもありませんので、当院でもこの機器を採用し斜視、乱視などが見つかっています。
但し、あくまでもスクリーニングですので、これで確定診断がつくのではではありませんので、異常が考えられる際には眼科専門医に紹介させていただき、 精密検査を受けていただきます。

スポット ビジョンスクリーナーでは年齢、瞳の色に関わらす、以下の 6つの弱視の危険因子を検知できます

• 近視 (遠くのものが見えにくい)
• 遠視 (遠くにも近くにも焦点が合わない)
• 乱視(焦点が1か所に集まらない)
• 不同視 (屈折の左右差が大きい)
• 斜視 (目の視線がずれている)
• 瞳孔不同 (瞳孔径の左右差が大きい)

スポットヴィジョンスクリーナーで検査する女の子の画像

当院でのご予約、実施について

  • 目の健診の場合原則自費診療ですので有料 (800円)で受けて頂きます。
    但し、当院で行う1歳児健診、5歳児健診の際には無料で実施させていただきます。
  • 近視、斜視など何らかの症状が疑われる時は保険診療が可能ですので無料でもできますので医師にご相談ください
  • 予約は必要ありませんので、受付にて申し出て下さい